繋ぐだけで痒い所に手が届く様な、何とも心地よくリッチな感触を創出するプロユースなブランド「Hatena?」を手がけた工房"EFFECTORNICS ENGINEERING(えふぇくたぁ工房)"がリリースするNeotonicSound。ブランドの色としてプレイヤーが欲しいところを各製品が的確に捉えているところが、このブランドの色。ツボにはまればリッチなサウンドが向こうから知らず知らずやってくる、そんな摩訶不思議な魅力を持つブランドです。

こちらはチューナー&ミュートのスイッチに加え、プリアンプの前後段にスイッチ切替可能なエフェクトループを搭載しています。

いまの音楽演奏環境でのベースの音作りを考えた場合、しっかりとしたプリアンプの使用は不可欠です。
プリアンプと呼ばれる機材は広義に音色のキャラを作るためのエフェクトの延長と捉えるものと、アンプの延長と捉えてラインで出したときの迫力をアンプ的にするものとにわかれます。

ダイナフォースは後者、アンプでの音作りをアンプではなくD.I.に入る前にしっかりと作ることで客席側やモニタで返したときのサウンドをドライなライン色からアンプを通した密度の濃いものにするためのマシンです。

[新開発のDivariusCircuit (ディヴァリウス回路)]

DynaForce(ダイナフォース)では今までのNeotenicSound製品には無い新しい技術がたくさん盛り込まれています。
その中でも特筆すべきは中央のふたつのツマミ、新開発のDivariusCircuit(ディヴァリウス回路)と呼んでいるセクションです。

アンサンブルでのベースという楽器の音楽的役割や昨今の演奏環境などを改めて考察した際に、あとココが演奏者側で任意で調節できたらいいのにな、という部分があります。

それは『音の重心』と『芯の定位』です。

前者は音圧や低音とは別の領域で、楽器本体のポテンシャルを含めた存在感に当たるところの出具合をいいます。
ベース本体が大きく共振するとよく響きはしますが音は散る傾向にあり、他の楽器と混ざったときに音量はそれなりでも何を弾いているのかわかりづらいということが起きます。
だからといってタイトにしようと安易にローを切ると重みがなくなり(重心が上がった状態)どっしりとボトムを支えることができません。
またローを切るかわりにハイを際立たせるとガチャガチャしたセンシティブなサウンドになるため、他の楽器と被ってきてしまって音が喧嘩してしまいます。
そういうジレンマを解消するのがこのディヴァリウス回路の左側、『Body』のツマミになります。

また後者は、D.I.を通してラインで出した際の独特のドライな距離感というものを、芯の定位のコントロールで補うものです。
例えばヘッドフォンを使ったときなど顕著にわかって気になってしまうのがその部分で、弦の音ばかりが競り出してくる感じがそれに当たります。
ベースラインはなるほどしっかり聞こえますが、それがベースという役割をもった楽器の正しい鳴りかたかと言われれば疑問ですよね。
ベースはもともとがコントラバスだったように、エレクトリック・ベースでもボディの木の鳴りの部分をしっかりと前に出す(聴く側から言えばしっかりこちらに届く感じ)ということや、演奏する音楽の種類によっては逆に質感を抑えたかったりします。
そうした場合に補正することができるのがディヴァリウス回路の右側の『Wood』のツマミになります。

これらは従来は「ミドルとフリケンシー」あるいは「ローミッドとハイミッド」というイコライジングで調節するのがセオリーでした。
しかし本来はよっぽどわかっていないと思うように追い込むことが難しく、何ヘルツを何デシベルという表現では説明がつかないところが触りたいんだよね、と多くのベーシストの悩みの種でもあったのです。
ダイナフォースに搭載されている、このふたつのツマミ『Body』と『Wood』はより感覚的に触れて、なおかつ「ミドルとフリケンシー」「ローミッドとハイミッド」に慣れているかたでも同じような感覚ですぐに思うポイントに追い込める構造になっています。

ゆえに、エレクトリック・ベースはもちろん、アップライト・ベースのプリアンプとしてもサウンドメイクに強力にサポートしてくれるアイテムとなっています。


※掲載画像のジャックは付属致しません。
※こちらのエフェクターはギタリストの方にもお勧めです。

旅をもっと楽しく!

【メール便送料無料対応可】 NeotenicSound《ネオテニック・サウンド》 Version] Switcher SP[ベース用プリアンプ,w/Loop Force Dyna-エフェクター

Campaign

おすすめの特集をもっと見る